【必見】読みやすい文章の基本はコレ!書き方&コツ「7つ」を解説

どうもtttです。

 

私はこのブログで常に「質の高い記事を作りましょう」と言ってるわけですが、コンサルやサイト診断なんかをしてると"普通の記事"にすらなっていない方を多く見かけるんですよ。

 

具体的に言うと、読んでて何が言いたいのか全くわからん・・・とかおかしい日本語になってますけど・・・って記事ですね。

 

当たり前ですが、サイトやブログアフィリエイトなんてものは、読んでもらって、欲しくなってもらって、買ってもらわないと報酬は発生しません。

 

なのに、最初の「読んでもらう」ができていない。

 

そんなもん、報酬なんて発生するわけが無いという話でして。

 

なんて言うと、(´・ω・`)←こんな顔で、しょんぼりしてるかもしれませんね。

 

ま、とは言え、落ち込む必要はありません。

 

なぜなら、人は成長するからです。

(エラそうにこんなことを言ってる私も、アフィリエイト開始当初は相当な酷さでした)

 

はい、というわけで今回は、アフィリエイトをするなら必ずマスターしておきたい"読みやすい文章の書き方&コツ"について語って行きたいと思います。

 

では行きましょう。

 

 

1文を短くする

文章は長くすればするほど構成が難しくなります

 

なもんで、文章が下手な人ほど1文は短くする必要があるわけです

 

だがしかし!文章が下手な人に限って1文が長い。_(:3 」∠)_

 

例えばこんな感じ。

 

私は30代のサラリーマンですが、収入が増えないことに不満を感じているのでアフィリエイトに取り組んでいるのですが、1年経っても全く稼げない状態なので、解決策をネットで探してて、tttさんのブログにたどり着きました。


こういう感想、メチャ多い。

 

で、この解りにくい文章を整えると・・・

 

私は30代のサラリーマンです。収入が増えないことに不満を感じ、アフィリエイトを始めました。しかし、1年経っても全く稼げておりません・・・。そこで、解決策をネットで探していたところ、tttさんのブログにたどり着きました。


こうなるわけです。(´◉◞౪◟◉)ドヤァ

 

やり方は、長文を短い文章に分け、適切な品詞を使って文章を繋げるだけ。これで、簡単に読みやすい文章に生まれ変わります。

 

まぁ物凄く文章が上手い人なら、1文がどれだけ長くても内容がスッと入ってくる構成になってるから問題ないんですけどね。

 

そんな人、ほとんどいませんけど。

 

ちなみに、私も"1文を短くする"は常に心がけていることの1つですね。意識的に短く切っていけば、『何が言いたいのか全くわからん・・・』になりにくくなるんで楽なんです。

 

あーそうそう、1文を短くしておけば、"メッセージ性"も強くなるので、良いことだらけですよ。

 

 

ターゲットが理解できる言葉を使う

他の記事でもチョコチョコ書いてますが、記事というものは、"読み手の知識レベルでも理解できる言葉"を使って構成する必要があります。

 

念のため言っておきますが、これは「心がけましょう」というレベルの話ではなく、「絶対にそうしましょう」という項目ですからね

 

記事なんてものは、読者の頭上に「?」を出しちゃった時点で終わりなんです。即、離脱されますからね。なもんで、プロってる人にしか理解できない"専門用語"や、一般的に使われることの無い"難しい漢字"はNG。

 

とにかく親切設計でなくてはアカンのです。(超重要)

 

で、あと注意したいことと言えば、"オリジナルの言葉"ですね。

 

これ、コンサルやサイト診断してて気づいたんですが、ほぼ全員が身内や自分だけにしかわからない"オリジナルの言葉"を使ってるんですよ

 

最近、目にした言葉を例に挙げると、"一定多数は~"ですね。オリジナルすぎ。

 

まぁまとめると、ターゲットが理解できる文章を作りましょうってことですね。

 

 

リストタグでまとめる

これは超オススメです。

 

記事を作ってて、3つ以上の"ポイント"や"条件"などが出てきたら、『ゴチャゴチャ考えんと、リストタグ使っとけ!』って感じですね。それぐらい使う価値有りです。

 

例えばですが、液晶テレビを解説する記事で、【このテレビの画面サイズは43インチで、画素数は3840x2160。外付けHDDで録画もできます。】とか書かれていたらどうでしょう。

 

情報が多くて、イマイチ性能が伝わらないんじゃないでしょうか。

 

でもこれなら?

●画面サイズ:43インチ
●画素数:3840x2160
●録画機能:外付けHDD

 

情報が整理されてることで、『分かりやすい』と感じるはずです。

(『分かりやすい』と感じる文章は圧倒的に読まれ、感謝され、煽らずともモノは勝手に売れていきます。←超重要)

 

あとですね、文章にしようとすると構成を考えなければいけないわけですが、リストタグなら箇条書きで並べるだけで終了なんですよ。

 

つまり、"サボれる上に読み手にも伝わってるという便利技"

 

全員ハッピー。

 

というわけで、ドンドン使っていきましょう。

 

 

写真・イラスト・図・表などを積極的に入れる

文章だけで読み手に解り易く伝える・・・なんて言うのは、非常に難しいことだったりします。

 

それに、文字だけの記事って、『文字だけか・・・』とか思って、読む気がなくなったりするんですよ。アナタもそんな経験ありません?開いた瞬間に『うわーこれ読むのやめようかな・・・』みたいな。

 

重要なので繰り返しておきますが、記事は読んでもらわないとお話になりません

 

なので、ユーザーに離脱されないためにも、「記事内容に関連した画像」を貼ってみたり、読み手の理解度を深めるために「図・表など」を積極的に入れるわけです。あと、多少文章が解りにくかったとしても、図・表などでカバーできる可能性も有りますからね。

 

ちなみにですけど、私のカエルだってそうですよ。これだけでもパッと見で、『あ、なんか良さそうかも』と読んでくれるきっかけにもなりますからね。

 

ま、確実に入れた方が良いよってことです。

 

 

同じ語尾を3回以上続けない

同じ語尾が3回以上続くと、機械っぽく血が通っていない文章になります。

 

例えば・・・

 

このお店のラーメンは絶品です。スープとチャーシューが美味しいです。また行きたいです。


この文章どうですか?感情が死んでません?個人的には、『ホンマにうまかったん・・・?』と疑問すら感じます。

 

でもこれを・・・

 

このお店のラーメンは絶品です!スープとチャーシューが美味しい・・・。また行きたいな~。


ちょっとしか修正してませんが、これだと文章にメリハリがありますよね。更に"人が書いてる感"が出てるので、書かれていることの信頼度すら上がってるわけです。

 

んで、この"信頼度"ですが、モノを売る上で超重要ですからね。

 

例えば、大手企業が『桁、間違ってません?』と感じるほど莫大な広告費を突っ込んでまで、イメージの良さそうな有名人をCMに起用してるじゃないですか。そうすると売上もグイグイ伸びるわけです。で、その有名人が不倫なんてしようものなら、さぁ大変。有名人も企業も袋叩きにあって人気も売上も地の底へ。←こんなニュース多いですよね。

 

でですよ、ここで冷静に考えて欲しいんです。広告塔のスキャンダル前後で、商品の品質に変わりってありました?ないですよね。じゃあなぜ売上が落ちたのか?もうわかりますよね。

 

つまり、信頼度は売上に直結してるってことです

 

はい、というわけで、同じ語尾を3回以上続けない。これ、徹底しましょう。

 

カンタンなことですけど、効果テキメンですよ。

 

 

推敲する

weblioで調べると、"推敲"はこう説明されてます。

 

詩文を作るとき、最適の字句や表現を求めて考え練り上げること。

 

まぁようは、読み手に伝わり易いように最善を尽くしましょうってことですね。

 

今まで解説してきた5つの項目に加えて、下記の3項目もチェックしておきましょう。

 

  • ダラダラと書いていないか?
  • 本来伝えなければいけないことからブレていないか?
  • 誤字脱字は無いか?

 

ちなみに私の場合、推敲には文章を書くより時間も集中力も使ってます。

 

読みやすい文章を作るなら推敲は必須ですよ。

 

 

音読する

これ、絶対やりましょう。

 

音読すれば、黙読では気づかなかった"読みにくい部分"が、1発でわかったりしますからね

 

あと、ここは、こういう言い回しに変更した方がリズム良く読めそう!みたいな感じで、修正案も出たり出なかったり。

 

それに音読すると、幸せホルモンなんて言われてる「セロトニン」が分泌されるんですよ。

 

アフィリエイトって長時間、黙ったまま作業するじゃないですか。なもんで、リフレッシュが必要なんです。『煮詰まって、どうにも頭が動かねぇ・・・』そんな時にも音読が最適なんですよね。

 

ま、これぐらいにしておきますが、他にも色んな効果があるんで、音読チェックは必ずしておきましょう。

 

 

最後に

"読みやすい文章の書き方&コツ7つ"、いかがだったでしょうか。

 

●一文を短くする

●ターゲットが理解できる言葉を使う

●リストタグでまとめる

●写真・イラスト・図・表などを積極的に入れる

●同じ語尾を3回以上続けない

●推敲する

●音読する

 

『これやってなかったわ!!』と思った項目があったのなら、今日から取り入れて執筆してみてください。

 

今よりも、読みやすい・・・そして読まれる記事になりまっせ。

 

ではまた。

 

 

あーそうそう、もしアナタが私の文章を読んで、『元々文章が書ける人だったんでしょ?』なんて思うのなら、この記事でも読んでください。

⇒日本昔ばなし「和尚と山芋」から学ぶアフィリエイトの稼ぎ方

 

 

 

 

アフィリエイトでガッツリ稼ぎたいなら

⇒アフィリエイト初心者向けのスキルアップ講座

 

当ブログで良く読まれている記事一覧はこちら

⇒評価が高い記事 一覧

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

コメントは18件です

  1. こばみち より:

    こんにちは、ランキングから来ました。
    長文ではなく、なるべく短くし、同じ語尾を3回以上使わない。
    勉強になります。

    • ttt より:

      こばみちさんどうも。

      なぜその2個。
      後は全部完璧なんですね。わかります。

      またどうぞ。

  2. takafumi より:

    こんばんは。
    簡潔に、わかりやすい言葉で、心を込めて
    良い文章が書ければいいなと思いました。
    いつも貴重な記事をありがとうございます。

    • ttt より:

      takafumiさんどうも。

      読み手のために、”心を込める”という気持ちがあれば
      多少読みにくかったとしても読んでくれます。

      例えるなら、口下手でも思いは伝わる的なヤツですね。

      またどうぞ。

  3. ミラ より:

    こんにちは。
    読みやすい文章の書き方、参考になりました。
    7つのコツおさえます!

    • ttt より:

      ミラさんどうも。

      >7つのコツおさえます!
      あーもう、いい文章書けちゃいましたね。

      またどうぞ。

  4. yuko より:

    うまい文章を書こうとすると難しく感じますが、ちょっとしたことで読みやすくなるものですよね!
    意識しないでいると、ついついダラダラ長い文章になってしまいますしね。
    周りでも文章を書くことに苦手意識を持ってる方が多いので、今回の記事内容を読ませてあげたいなぁと思いました。

    • ttt より:

      yukoさんどうも。

      私も文章を書くのは未だに苦手ですよ。
      読み直すたびに『何コレ?』ってなりますし。

      ま、重要なのは書いてみることですね。
      書かないと何も始まりません。

      またどうぞ。

  5. YUKI より:

    わかり易い文章を書くように心がけているのですが、さいごの「音読」まではやっていませんでした!
    ここちよいリズムで読める文章かどうか。音読でチェック、やってみます(^^)

    • ttt より:

      YUKIさんどうも。

      音読オススメですよ。
      記事の質をグッと上げて、読み手にも優しくなります。

      またどうぞ。

  6. やすらぎ より:

    ランキングから来ました。
    文章を書くコツ 勉強になりました。
    なるほどなぁ と 納得しています。
    参考にさせて頂きます。 

  7. Taym より:

    こんにちは。
    読みやすい文章って大切ですよね。
    参考になります。

    • ttt より:

      Taymさんどうも。

      読みやすい文章を書こうとすることが何より重要ですね。

      またどうぞ。

  8. れいこ より:

    “メッセージ性”のある分にする為には 短い文でまとめる事に理解し読んでもらえる確率が高いということを改めて知りました🎵

    解りやすい内容に 善きお勉強になりました。
    ありがとうございました^^b

    • ttt より:

      れいこさんどうも。

      >“メッセージ性”のある分にする為には 短い文でまとめる事に理解し読んでもらえる確率が高いということを改めて知りました
      日本語でおk
      はい、やりなおーし!

  9. Hiro より:

    参考になります!

    この記事だけでなく、他に書かれている記事もですが、わかりやすく書かれていて納得です。
    わかりやすく書くついでに、下記のような使い分けはどのようにしているのでしょうか。

    「」、『』、()、””、 アンダーライン、ボールドなど

    こちらも参考にしたく、教えてください。

    • ttt より:

      Hiroさんどうも。

      >「」、『』、()、””、 アンダーライン、ボールドなどの使い分け
      これはもう、自分でルールを作ればOKです。
      ようは、「伝えたいことが読み手に100%伝わるように工夫しましょう」ということですね。

      またどうぞ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メールマガジンのご登録はこちらをクリック
著者プロフィール

名前:ttt
36歳

20歳 就職 初日に『辞めよう』と思う
23歳 脱サラ起業⇒失敗
全く上手く行かないが、ギリギリ生きていける超低空飛行を7年ほど続ける
29歳 アフィリエイトを知る
30歳 SEOアフィリエイト挑戦開始
31歳 アフィリエイト報酬 月100万円突破
32歳 放置でも稼げるので全く働かなくなる
33歳 PPC挑戦⇒売りまくったのでクライアントからお歳暮を貰う
34歳 SEOアフィリエイト 月200万円突破
35歳 ブログ開始 月100万円突破

⇒実績・詳しいプロフィールはこちら
応援ありがとうございます


1日1ポチお願いします。
よく読まれている記事

相談や質問はこちら

お問い合わせ
カテゴリー
実践済みオススメ教材&ツール

ページの先頭へ