成功したいなら「答え」を求めてはいけない

どうもtttです。

 

もうタイトル通りなんですけど、成功したいなら答えを求めてはいけないよって話をしようと思います。

 

じゃ本題に入ります。

 

 

いつまでも"成功しない人"に共通している致命的な特徴

世の中には、"成功する人"と"成功しない人"の2種類がいます。で、その"成功しない人"には、共通した特徴があるんですよ。

 

一部紹介すると、こんな感じです。

 

  • 本気で取り組む気がなく、全然実践しない
  • 短期間で大きい結果を求める
  • できない理由ばかり探す
  • 口ばかりでプライドが高い
  • 今の能力で成功したいと思っている
  • 浪費はするけど、投資概念はない
  • 失敗(経験)なしで、成功したいと思っている
  • 自己責任という概念がない
  • 言い訳が多い
  • 現実を見ない

 

(´◉◞౪◟◉)<成功する要素、無さすぎぃ!!

 

さっきも言いましたけど、これらは"成功しない人"の特徴の一部ですからね。ミスドのポン・デ・リングで例えるなら、●←これ1個なんですよ。

 

そういうことなんで、まだまだ特徴はあるってことです。

 

で、そんな"成功しない人"の特徴の中でも、『ここを改善しないと、100%成功しないな』と感じる致命的な特徴があるんですよね。

 

それが、"思考停止で、答えだけを求める"←これなんです。

 

要するに、答えの出し方を自分で考えようとしないんですよ

 

答えだけくだせぇぇぇぇ!!!みたいな。ヤバ過ぎ。

 

なんて言っても、このヤバさにピンとこないかもしれませんので、ちょっと例を出しながら解説していきたいと思います。

 

 

なぜその問題が解けるのか?が重要

【問題】 テーブルの上には、合計何個のリンゴがありますか?こういう問題があったとしましょう。

 

『え・・・ひっかけ問題なのか・・・』と思うかもしれませんが、安心してください。普通の足し算問題です。

 

で、答えはというと、"5個"ですね。

 

『はぁー!?当たり前の問題、出すなや!!馬鹿にしてんのか!?』と感じるかもしれませんが、私は大真面目です。押忍。

 

この問題で私が注目して欲しいのは、なぜ今、足し算問題が解けるのかってところです。

 

一応、足し算問題が解ける理由を解説しておきますと、小学校低学年の算数で勉強したからです。義務教育を受けてたなら、誰だって小学校の先生から、足し算問題の"解き方"を学び、答えを導き出すまでの"過程"を学んでいるわけですよ。
(このリンゴ2個を、隣のリンゴ3個のザルに移して、合計何個になりましたか?的なヤツ。)

 

で、この、"解き方"や"過程"を学んでいるってのが、めたくそ重要なんです。

 

もう一度言いますよ。"解き方"や"過程"を学んでいるってのが、めたくそ重要なんです。

 

これ、なんでかっていうと、応用が利くからですね。

 

例えば、足し算問題の"解き方"を学んでいたなら、「リンゴ」が「みかん」になっても答えは出せます。「リンゴ」が「洋ナシ」になってても、答えは出せますよね。他にも、ザルの数が増えたり、果物の個数が違ってたとしても、答えを導き出すまでの"過程"を学んでいたなら、ハナクソをほじりながらでも答えは出せることでしょう。

 

でも、でもですよ、もし、足し算問題の"解き方"を知らなかったら?そして、答えを導き出すまでの"過程"を考えもしなかったら?これ、どうなってしまうんでしょうか。

 

当然、リンゴの数なんてわかりませんよね。モチロン、応用なんて、もってのほか。当たり前です。だって、"解き方"も知らないし、"過程"を考えもしないんですから

 

さぁここまでの話はどうでしょ?納得なんじゃないでしょうか。

 

じゃ、話を進めます。

 

【問題】 テーブルの上には、合計何個のリンゴがありますか?

 

仮に、この問題の答えがわからない【Aさん】が居たとしましょう。で、困った【Aさん】は、問題の解き方を知っている【Bさん】に聞きました。

 

すると、【Bさん】は・・・

 

左のザルにリンゴが2個入ってて、右のザルにリンゴが3個入ってますよね。てことは、2個+3個で、合計は5個。というわけで、答えは"5個"なんですよ。

 

と、答えを導き出すまでの"過程"を解説し、問題の"解き方"を教えました。

 

すると、解説を聞き終わった【Aさん】は、『ここに"5個"と書けばよいですか?』と言うわけです。

 

【Bさん】は、(ん?答えを導き出すまでの"過程"は、理解できたのかな・・・?)と思いながらも、『そうですね。今回の問題だと、"5個"ですよ』と答えました。

 

さぁ・・・これからどうなるのかは、大体わかりますよね。

 

【Aさん】は今後、「リンゴ」が「みかん」になっても【Bさん】に答えを聞きます。モチロン、「リンゴ」が「洋ナシ」になってても答えを聞きます。ザルの数が変わったときなんて、モチのロンで聞くわけです。モノの個数が違った時なんて、新鮮な気持ちで聞くでしょうね。

 

 

そりゃそうです。だって【Aさん】は、【Bさん】の言う"答え"にしか興味がなかったんですから。折角解説してくれた、"解き方"や、"過程"を理解しようともしなかった。

 

だから、応用が利かないんです

 

結果どうなるのか?っていうと、自分で考えることをやめ、常に答えを誰かに聞くという選択を取るようになります。当然、自分の力で問題が解けるようには一生なりません。\(^o^)/

 

まさしく、この状態こそが冒頭で語った、"思考停止で、答えだけを求める"←これですね。

 

で、ですよ、アフィリエイトを実践する上で、【Aさん】のような人はどういう行動をとるのか?って言うと、『エックスサーバーの契約方法がわからないので教えてください』とか、『スカイプの設定方法を教えてください』みたいな感じで、ググったら即解決するような問題ですら、"答え"を欲しがるんです。

 

もう一度言いますが、【Aさん】のような人は、自分で考えることをやめ、常に答えを誰かに聞くという選択を取るようになります。

 

当然、自分の力で問題が解けるようには一生なりません。\(^o^)/

 

ちなみに、一切自分で考えないのに、『自分の力で稼ぎたいです』とか言っちゃう人から、たまにお便りを貰うんですよ。えっ!?です。もうココまで来ると、『人生をかけたロングボケをこすり続けてるけど、誰もツッコんでくれないから、鋭くツッコミを入れてくれそうな奴を探してtttブログに来たのかな?』とすら思うわけです。

 

だって、検索すれば即解決するような問題ですら自己解決できない人間が、検索ユーザーの悩みを解決するサイトやブログを作って稼ぎたいとか言ってるんですよ

 

どう考えてもツッコミ待ちでしょ。

 

まぁ私が突っ込まなくても、カイジに出て来る兵藤会長が、『しょせんお前は指示待ち人間…!』と手厳しいツッコミを入れてくれると思いますけどね。

 

とまぁ色々と語ってきましたが、私が『改善しないと、100%成功しない致命的な特徴』と言った理由も、納得なんじゃないでしょうか。

 

 

答えだけを手に入れることに意味など無い

テーブルの上に合計何個のリンゴがありますか?という問題に対して、"5個"とだけ書いて、正解しても意味がないんですよ。

 

重要なのは・・・左のザルにリンゴが2個入ってて、右のザルにリンゴが3個入ってる、2個+3個で、合計は5個。←この答えを導き出すまでの"過程"であり、問題の"解き方"なんです。

 

これを理解し、"物にする"ことに意味があるわけですよ。

 

そういや、小学校の算数テストの時に先生が、『答えだけじゃなく、計算式も書けよ~』なんて言ってました。当時の私は、『なんで?答えだけ合ってたらOKやろ?』とか思ったもんです。でも今になってみると、先生の言ってたことは正しかったな、とわかりますね。

 

いやー懐かしい。あの先生元気にしてんのかなー。まぁあの先生とか言ってるけど、先生が変わりすぎて、どの先生が言ってたのか全く記憶に無いんですけどね。

 

ま、それはさておきですよ、成功したいなら、魚を得ようとするのではなく、魚の釣り方を覚えないとダメだよって話でした。

 

 

最後に

私の大好きなアニメの一つに、高校卓球を題材にしてる"ピンポン"って作品があります。

 

その作中で、卓球王国の中国から来た鬼つえぇ選手と、トーナメントで当たることになって怖気づいてる選手(ポー君)が、彼女(ピー子)とこんなやり取りをしてました。

 

ピー子 「過程が大切だって私思うの。」

 

ポー君 「過程がなんだ!男は見栄だ!」

 

ピー子 「棄権する方がよっぽど恥よ。」

 

ポー君 「だって中国の選手は強いんだぜ?」

 

ピー子 「中国人だからって強いとは限らないわ。ダンスの苦手なアフリカ人だっているもの。たとえ負けても立ち向かうポー君が私は好き。」

 

結果、どうなったのか?

 

ポー君は負けます。

 

しかもボロ負け。

 

でも、それでええんちゃう?

 

やる前から諦めて棄権してしまうような人より、たとえ負けても立ち向かう人の方が、私も好きですけどね。

 

つまり、『キリンさんが好きです、でも象さんのほうがもっと好きです』ってことですよ。

 

はい、脱線したー。

 

ま、あれです。

 

ttt「過程が大切だって私思うの。」

 

ではまた。

 

 

 

アフィリエイトでガッツリ稼ぎたいなら

⇒アフィリエイト初心者向けのスキルアップ講座

 

当ブログで良く読まれている記事一覧はこちら

⇒評価が高い記事 一覧

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

コメントは11件です

  1. ヒロ より:

    ヒロです。
    今回の記事も大変勉強になりました。
    答えそのものよりもその答えに至るまでの過程が大事なのは本当にそう思います。

    答えに対して疑問を持ち、応用が効くようなロジックを答えの背景に見出せるように、自分の頭で考えながら過程にこだわってみます(^-^)/

    • ttt より:

      ヒロさんどうも。

      答えから過程が見えるようになれば、無敵ですよ。

      なんたって、いつも見ている情報源(映画・アニメ・お笑い・ブログetc.)から、『なぜ面白いと感じるのか?』『なぜ何度も見てしまうのか?』『なぜ納得してしまうのか?』『なぜ感動してしまうのか?』という”仕組みの部分”が見えるようになりますからね。

      それを自分のビジネスに落とし込むと、どういう結果が待ってるんでしょうか?という話です。

      またどうぞ。

  2. ドロスケ より:

    tttさんはじめまして!
    ランキングから来ました。

    ネットビジネス初心者ですが、
    私も壁にブチ当たると、ついつい答えを求めてしまいます。

    失敗して、そこで学んだことを自分のものにしなければ、
    というのは分かってるんですけどねー。

    過程が大事、とても胸に刺さりました!

    • ttt より:

      ドロスケさんどうもはじめまして。

      困った時がぁ~チャンスですぅ~ 頭のよくなるっ(ファハッ)チャ~ン~ス~で~す~~~

      ってことです。
      チャンスは逃さないようにしましょう。

      またどうぞ。

  3. ベッキー より:

    とても参考になりました。
    餌を与えるのではなく、餌の取り方を教えないと自立できないという考え方を
    分かりやすく解説されているなと思いました。
    ネットでの稼ぎ方を学んでいきたいと思います。

  4. FuGu21 より:

    tttさん、とても為になり、分かりやすいお話でした。
    本業では分からない事はググって調べるのに、副業でそれをしないのはおかしいですよね…。
    「答えではなく過程が大事」
    ごくごく当たり前な、でも忘れてしまいがちな、大事な事を思い出させて頂きました。
    ありがとうございます。

    • ttt より:

      FuGu21さんどうも。

      >本業では分からない事はググって調べるのに、副業でそれをしないのはおかしいですよね…。
      『いやホンマ、その通りやで!!』と叫びました。
      ホントこれです。

      要はどれだけ真剣に取り組めるのか?ってことですね。
      この記事がより深いものになりました。
      ありがとうございます。

      またどうぞ。

  5. なかい より:

    はじめまして。ランキングから来ました。魚を得ようとするのではなく、魚の釣り方を覚えないとダメってすばらしい表現ですね。とても参考になりました。ありがとうございます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メールマガジンのご登録はこちらをクリック
著者プロフィール

名前:ttt
36歳

20歳 就職 初日に『辞めよう』と思う
23歳 脱サラ起業⇒失敗
全く上手く行かないが、ギリギリ生きていける超低空飛行を7年ほど続ける
29歳 アフィリエイトを知る
30歳 SEOアフィリエイト挑戦開始
31歳 アフィリエイト報酬 月100万円突破
32歳 放置でも稼げるので全く働かなくなる
33歳 PPC挑戦⇒売りまくったのでクライアントからお歳暮を貰う
34歳 SEOアフィリエイト 月200万円突破
35歳 ブログ開始 月100万円突破
36歳 投資を始める

⇒実績・詳しいプロフィールはこちら
応援ありがとうございます


1日1ポチお願いします。
よく読まれている記事

相談や質問はこちら

お問い合わせ
カテゴリー
実践済みオススメ教材&ツール

ページの先頭へ