アフィリエイトで【買っていない・使っていない商品】はこう売れ!

どうもtttです。

 

物販系のアフィリエイトをしていると、『自分で買ってない商品とか、使っていない商品ってどうやって売るの・・・?』と悩むこともあるはず。

 

確かにレビュー記事は書けません。

 

でもちゃんと商品を売る方法ってあるんですよね。

 

モチロン、『使ってるフリをして・・・』みたいな方法ではなくてですよ。

 

これ、凄く使える手法なので要チェックです

 

 

買っていなくても大丈夫なキーワードを選ぶ

まず売りたい商品が決まったなら、攻めるキーワードを決めましょう。ここで全てが決まると言っても良いです。例として、稼げることで有名な"ビーグレン"で考えてみましょうか。で、なぜビーグレンを私が選んだか?これちょっと深い理由があるんですよね。

 

実はこのビーグレンですが、以前私が取り組もうと思った際に、ASP担当者から"取り組むときの注意点"みたいなpdfを渡されたんですよ。で、それを読んでいると【意図してビーグレン関係の商標で上位表示させる行為が発覚した場合は、報酬を没収します】みたいな注意書きがあったんですよね。でも検索結果を見ると今でも明らかに意図してSEOで上げてる人がイッパイいるわけです。

 

どないやねん!結局報酬払うんかい!?というツッコミ的な思いからビーグレンを選んでみました。はい。完全にどうでも良い理由でしたね。すいません。

 

では真面目に行きます。【ビーグレン+レビュー】【ビーグレン+体験談】あたりは、商品を買っていないなら避けた方が良いキーワードになります。『あれ?そうすると、"口コミ"とか"効果"も無理なんじゃ!?』って思いましたか?そのパターンですが、ページの作り方次第で普通に作れますし、上位表示も可能なんですよ。

 

ちょっとソレについては後でじっくり話します。

 

 

"答えがわかれば買ってくれるキーワード"がオススメ

とりあえず手っ取り早く報酬を上げたいのであれば、レビューや体験談が不要で、情報を提供してあげるだけで成約するようなキーワードがオススメですね。例えば、ビーグレン+"通販"or"楽天"or"アマゾン"or"最安値"or"薬局"等です。

 

ちょっと、【ビーグレン 楽天】で検索している人の状況を考えてみてください。・・・考えました?

 

これ、どう考えたって、ビーグレンってやっぱ良いんだな~どこで買おうかな?楽天にあるなら楽天で買おうかなこれです。この想像はほぼ100%当たっているはず。たぶんこれ以外の状況はないんじゃないのかと。

 

こういうキーワードならコンテンツを作るのは簡単です。『私が調べた結果、楽天にはありませんでした』とか、『楽天で調べたけど公式サイトで購入する方がお得でした』とかでOKなんですから。別に商品を実際に使用していなくても、キーワード次第では売ることができるってことですね。

 

更にダメ押しをしておきたいのであれば、公式サイト以外で買うことは損失に繋がるという部分をアピールするわけです。人って得をすることより、損することを嫌がりますからね。そういった部分にグイグイアプローチするなら、例えばこんな感じで書くんですよ。

 

楽天には単品商品しか売っていないんですが、公式サイトならわずか1,800円で【クレイウォッシュ / QuSomeローション / Cセラム / QuSomeモイスチャーゲルクリーム】がお試しセットとして買えちゃいます!!単品で買っちゃってお肌に合わない場合って結局お金が無駄になっちゃうじゃないですか。損したくない人はトライアルセットがオススメです。 ⇒ビーグレントライアルセットお申し込みはこちら

 

あーもう売れちゃいましたね。アフィリエイトコードも貼ってないのに報酬が発生してる気がします。管理画面見てくるかな。

 

 

"口コミ"や"効果"でも作ることができる

商品名+"口コミ"とか"効果"と言えば、商標の次に儲かるキーワードとして有名です。アナタも知ってるんじゃないでしょうか。じゃあ使ってもいないのにどうやってこんなキーワードで記事を作るのか?

 

それは、"まとめ記事にする"これでOKなんですよ。

 

タイトルは、【ビーグレンは効果が無くて口コミが悪い!?真実を調べてみました!】とかにするわけです。このタイトル結構押してくれそうでしょ?で、コンテンツの始まりは"効果が無かった"と言うような悪い口コミを探してリライトして掲載し、即フォローを入れます。ここ間違っても便乗したらダメですからね。クライアントに嫌われないようにしましょう。とにかく靴を丁寧に舐めるようにフォローです。

 

で、その後は良い口コミをリライトして掲載し、「やっぱり良い口コミの方が多かったですね。公式サイトはこちら」で完了ですね。こういう構成にすれば、別に実際に買ってなかったとしても口コミや効果で上位表示は可能なんですよ

 

更に言えば、ユーザーは【商標 口コミ 悪い】とか【商標 悪い口コミ】みたいなキーワードで一定数は検索するわけです。今回例に挙げたタイトルにも入れていますが、3語のキーワードは結構簡単に上位表示できるので狙い目ですよ。

 

ただ、ライバルが実際に商品を使ってて、自分のお肌とか掲載してて・・・というようなツワモノが多い商品はこれでは勝てませんね。

 

じゃあどうするのか?って話なんですが、これも話しておきます。

 

 

本気で売りたいなら商品は買う

tttがサイトを作る場合、ASPから商品を貰える場合は貰って、商品提供ができないって場合は買うようにしていますね

 

『わざわざ買うんですか?』って聞こえてきそうなので、ちょっと例を出して説明しましょうか。

 

例えばもしアナタが育毛剤を探してたとしますよね?で、アクセスしたサイトが「公式サイトから切り抜いた画像ばかりだった・・・」これどう思います?微妙じゃないですか?それより実際に頭に育毛剤をぶっかけてる写真とか、ハゲちらかした写真とか、商品を手で持ってる写真とかがあるサイトの方を見ますよね?

 

要するに、公式サイトにはないオリジナルの写真があると信頼度が違うわけです

 

というわけで、ある程度実績を出したら、ドンドンASP担当者に交渉ですね。向こうも売って欲しいので商品提供してくれますよ。

 

そもそも、昔は内容が薄いサイトでも無理やり上位表示を維持させることもできたんですが、最近ではほぼ無理になってるわけです。今の常識は、【ためになるコンテンツを訪れたユーザーに提供する】これです。これをやったサイトが評価されるんですよ。良いサイトが上がる時代になったってことですね。

 

ここまで説明しても、報酬があんまり上がってない場合は商品購入を躊躇するかもしれないですね。でも、売れる商品を本気で攻めるなら自己アフィリで絶対買いましょう。どうせ1個か2個売れたらそんな投資は取り戻せますから。それよりも実物の画像を使わずに、他のサイトに埋もれて結局収益化できない方が問題です。"一文吝みの百知らず"にならないように。

 

 

まとめ

結論から言えば、商品が無くても成約率を下げずに売りたいと思っているなら、購入する気満々の人がアクセスしてくるキーワードばっかり攻めればOK

 

本気でガッツリ稼ぎたいと思っているなら、自己アフィリで商品を手に入れて本格的に取り組めばOKってことですね。

 

で、今のアナタは、『なるほど!わかったよttt!!』ってなってますよね?

 

それは私が実践から得た生の情報(体験談)を元に書いているからです。実践せずに書いた記事だったら、アナタはココまで読んでいないだろうし、納得もしてないはずです。

 

これ、アナタの作ったサイトにも同じことが言えますからね

 

お金を頂くなら、相手のことを一番に考える。

 

ビジネスの基本ですよ。

 

 

 

アフィリエイトでガッツリ稼ぎたいなら

⇒アフィリエイト初心者向けのスキルアップ講座

 

当ブログで良く読まれている記事一覧はこちら

⇒評価が高い記事 一覧

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

コメントは13件です

  1. かいどう より:

    かいどうと申します。ブログランキングからきました。
    公式サイト以外で買うことは損失に繋がる、tttさんの文章、
    とても参考になりました。なるほど~!という感じで
    公式サイトで買おうかなと思いますね。
    ありがとうございました。

  2. とっしぃ より:

    こんにちわ!
    tttさんの参考アプローチ文章ですが
    短い文章ながらたしかに買いたくなっちゃいますね!
    参考にさせていただきます!
    ありがとうございました!

    • ttt より:

      こんにちわ。
      長々と、どうでも良い文章を書かずに
      ビシッと簡潔に。
      これ重要です。

  3. NABY より:

    はじめまして。ランキングから来ました。
    とても勉強になります。ありがとうございます。
    ぽちっとしていきます。

  4. GGO より:

    ランキングから訪問しました。
    実際に手にする。使ってみる。などの写真が信用されますよね。
    参考になりました。
    また訪問します。

    • ttt より:

      はじめまして。
      写真はやっぱり信用できます。
      あと使ってみないとわからない事ってありますからね。
      また来て下さい。

  5. MWM より:

    本気で攻めたいなら
    実際使っている生写真が
    説得力がありますよね。
    すごく参考になりました。

    • ttt より:

      生写真は重要ですよ。
      わざと下手な感じで暗く撮るのも有効です。
      ステマは写真が綺麗ってユーザーは知ってますからね。

  6. cerami より:

    ブログランキングから来ました。
    とても参考になる記事がたくさんあってファンになりました。

    売る商品を決めてから記事を書く。
    あるいは誰に書く記事かを決めてから、商品を探す。

    どちらが理想でしょうか?

    Gladius(グラディウス)購入検討していますが、この疑問はこの商材で解決出来るでしょうか?

    • ttt より:

      ceramiさんどうもはじめまして。

      お役に立っているようでよかったです。

      >売る商品を決めてから記事を書く。
      >あるいは誰に書く記事かを決めてから、商品を探す。
      これは結論から言えば、どっちでも売れます。

      ただ、ある程度稼げるようになるまでは「売る商品を決めてから記事を書く」これをオススメしますね。
      こっちなら、既に欲しい人が検索するキーワードを決めて、サイト作成、という流れなので、ターゲットがブレません。

      でも、「誰に書く記事かを決めてから、商品を探す」こっちなら、ターゲットがブレる可能性がかなり高いですね。
      欲しくない人に商品を勧める可能性が出てくるってことです。

      グラディウスは「売る商品を決めてから記事を書く」こちらで売るためのノウハウなので、初心者にはオススメですよ。

      • cerami より:

        ありがとうございます。
        早速グラディウス購入します。

        tttさんのサイトから。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
メールマガジンのご登録はこちらをクリック
著者プロフィール

名前:ttt
35歳

20歳 就職 初日に『辞めよう』と思う
23歳 脱サラ起業⇒失敗
全く上手く行かないが、ギリギリ生きていける超低空飛行を7年ほど続ける
29歳 アフィリエイトを知る
30歳 SEOアフィリエイト挑戦開始
31歳 アフィリエイト報酬 月100万円突破
32歳 放置でも稼げるので全く働かなくなる
33歳 PPC挑戦⇒売りまくったのでクライアントからお歳暮を貰う
34歳 SEOアフィリエイト再開 月200万突破
35歳 ブログ開始

⇒実績・詳しいプロフィールはこちら
応援ありがとうございます


1日1ポチお願いします。
よく読まれている記事

相談や質問はこちら

お問い合わせ
カテゴリー
実践済みオススメ教材&ツール

ページの先頭へ